手帳に切り貼りしやすい光沢紙

日々の出来事を手帳に書き残すとき、文字だけではなくて関連する画像などを加えると、見返した時に記憶が鮮明に蘇ってきますしページの見た目が華やかになって手帳を書くモチベーションも上がります。なのでライフログを作る上で色々な素材をコラージュすることは必須の作業なんじゃないかなぁと思っています(自力でイラスト描いてまかなっちゃう羨ましいスキルをお持ちの方はその限りではありませんが)。

いざ実践しようとなったら、すでに印刷されたものをスクラップするのは比較的簡単なのですが自分が撮った写真を手帳に貼りたいとなったら画像をプリントアウトしなければなりません。

アプリ MetaMoji Note

自分の場合はスマホのお絵かきアプリ(MetaMoji Note)で、画面の白紙に手帳に貼りたい画像をペタペタ載せていって1枚の写真として自前のプリンターで印刷します。あとはハサミやカッターで切って貼り付けています。

せっかくなので写真を綺麗に印刷したいなと思ったら用紙はやはり「光沢紙」にしたいところです。L~2L版の写真用紙はいまやコンビニやスーパーでもどこでも売ってますから入手に困ることもないですし。でも写真用紙ってけっこうな厚みがあるんですよね。単体の写真としてフォトフレームに入れたりする用途ならまったく違和感はありませんが、いい感じの大きさに切って手帳に貼ろうと思うとちょっと厚すぎるなぁと感じます。貼った写真のせいで段差ができて次のページで書いてるときに邪魔になるレベルです。それにその厚みで1年間貼り続けると手帳の厚みもかなりのものになります(むしろそれがいいっていう考えも全然アリですが)。

 

 

そこで、薄手の光沢紙ってないのかなと思って調べたら良さそうな用紙がありました。

コクヨ インクジェットプリンタ用紙 写真用紙 光沢紙 A4 50枚 KJ-G14A4-50

用紙サイズがA4なので写真サイズよりだいぶ大きいですが、4分割に裁断してA6にすればL版とさほど変わんないかなと思います。A4サイズ50枚をA6サイズに4等分すれば200枚になるので、無駄も出ないしコスパも悪くないんじゃないかなと。どのくらい頻度でプリントアウトするかによって個人差は出るだろうけど自分の場合は200枚あれば1年間余裕でもつと思われる。800円そこらで1年以上使えるなら全然合格です。

※ 私の手帳はこんな感じ

んで印刷した写真を切り貼りして、最終的にこんな風になります。映画の半券は実物、スタバのカップはスマホで撮影したもの、ローグ・ワンのポスターはネットで拾ったもの。こんな感じで素材の出どころは色々ですが、こうしてまとめとくと後で見返した時にぜったい楽しいです。

あ、ちなみに昨夜観てきたローグ・ワンのネタバレ感想を書いてるので一応モザイクかけときました(^^;

Pocket
LINEで送る

dokoinaplus のプロフィール写真

dokoinaplus

dokoina+の管理人アカウントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です